うつ病でみられるさまざまな症状についての情報

男性

身近な人のうつ病

悩む人

うつ病を患う患者は年々増加しており、私たちにとって身近な病気となっております。しかし、家族や友人など、身近な人がうつ病になってしまった場合、どう接したらいいのか、または何をしたらいいのかなど、わからないことがたくさん出てくると思います。まず身近な人がうつ病になってしまった場合は、焦らず冷静に対応することが大切です。また、うつ病の方に「頑張って」などの励ましの言葉は逆効果で、ストレスを受けて症状が悪化してしまうこともあるので言わないよう気をつけるようにしましょう。それでは、家族がうつ病になってしまった場合や、うつ病の方が休養中の場合の接し方、治療中の場合の接し方など、うつ病患者への対応方法についてご紹介します。
まず、家族がうつ病になってしまった場合、うつ病と打ち明けた方の話を冷静に聞いてあげることから始めます。身近な人から急にうつ病と打ち明けられたら、焦ったり動揺したりしてしまうこともあるでしょう。しかし、打ち明けられた相手がそのような反応を見せてしまうと、うつ病を打ち明けた側は更に不安になってしまい症状が悪化してしまう恐れがあるので注意しましょう。
また、男性は仕事が原因でうつ病になるケースが多いようです。深夜遅くまで残業をしたり、中間管理職の場合は上司と部下からの板ばさみで心身ともに疲れてしまったりなどして、うつ病を発症してしまうようです。しかし、仕事が好きな方や責任感が強い方などは、うつ病になっても会社から離れて休む事を拒む方もいます。その場合は、仕事をしながら治療をするか、きちんと自宅で休養をとるか医師と相談してから決めるようにしましょう。本人が大丈夫といっても、無理をして症状が酷くなっていく場合もあるので注意が必要です。
うつ病の患者は、自分ではうつ病だと気付けない方もいます。家族が病院へ行こうといっても拒んでしまう場合、無理に連れて行ったり嘘をついて連れて行ったりしてはいけません。その方の私生活をきちんと観察し、睡眠がきちんととれていなかったり、食事の量が減っていたりなどの症状を見つけ、だから病院へ行かなければならないということをきちんと伝えて本人を納得させることが大切です。
家族がうつ病と診断され、自宅で療養中の場合、気分転換にとお酒を飲ませないようにすることをおすすめします。なぜなら、自分で飲む量を調節できずにアルコール依存症になってしまったり、抗うつ剤の作用に良くない影響を与えてしまったりすることもあるからです。また、外へ連れ出すのも控えるようにしましょう。一見元気になったように見えても、他人と関わる事でそれがストレスになってしまい、症状をまた悪化させてしまう恐れもあるからです。それに、この日は元気で家事なども進んで手伝ってくれたりしたのに、次の日にはまた抑うつ状態で何も行動しなかったり、うつ病の方は日によって様子が変わり安定しません。そんな時に、戸惑ったり怒ったりせず、手伝いなどをしてくれた日にはきちんと褒めて自信をつけさせる事も大切です。